ハーレーマニアのカスタム

カスタム

カスタムとは改造のことで、ハーレーマニアの間では「いじる」という用語が使われます。自分のハーレーに既存のものではない新しいパーツを取り付けたり、交換して楽しむことを言います。

ハーレーはカスタムしてこそ楽しい乗り物と言われていて、1年くらいハーレーに乗っていると誰でも何かしらいじりたくなります。ただし、初心者が下手にいじってしまうと最悪の場合走らなくなる可能性があります。エンジンや電装系の装備をいじったばかりに、修理に出さなければいけなくなることもあります。これを避けるには、初心者はまずシートやミラーなどあまり難しくない部分から手を加えるといいようです。中級者になったらもっと走行性能を左右するパーツに交換するなどレベルアップしていくと失敗しづらいです。

ディーラーと懇意になっておくのもいい方法です。正規のディーラーであれば、何か困った時になんでも相談することができます。そのお店に他のライダーが集まるので、その人達から情報を聞けることもあります。

改造を施す時には、焦らずにまずは方向性を決めてから取り掛かることが大切です。大雑把でもいいのでどんなスタイルにしたいのか、起こりうるトラブルはないかなどを考えておくといいです。