ハーレーマニアのイメージ

イメージ

ハーレーダビッドソンの一般的なイメージとはクルーザータイプの独特なスタイルです。しかしハーレーダビッドソンにはさらにマニアックなタイプのバイクも存在します。クルーザータイプのものは日本でも人気がありアメリカンスタイルとも呼ばれます。国内の主要メーカーからもアメリカンスタイルのバイクが市販されています。ハーレーダビッドソンの特徴は独特なエンジンにあります。

同社ではOHVというマニアックなバルブ駆動システムを採用しています。一般的にツインカムとはDOHCを指す言葉です。DOHCはダブルオーバーヘッドカムシャフトのことでエンジン上部にバルブと2本のカムシャフトを有します。一方ハーレーダビッドソンでは独自に進化させカムシャフトを2本有するOHVをツインカムと呼びます。

クルーザータイプの一般的なバイクには1本もしくは2本のカムシャフトが搭載されていますが、ダートレースに勝つことを目的として開発されたタイプのマシンには4本のカムシャフトが存在します。このタイプのマシンはクルーザータイプと異なるイメージを持っています。クルーザータイプがゆったりと座るのに対して、よりダートレースで有利となるように前傾姿勢で座ります。このように同社には様々なタイプのバイクが存在します。