ハーレーマニアとソフテイル

ソフテイル

ハーレーマニアの間でも人気が高いのが、ソフテイルファミリーです。まだサスペンションというものがない時代のバイクは、鉄のフレームで作られていたのでハードテイルと呼ばれていました。それに対してサスペンションがあるものはスイングアームが装備されて、サスペンションに合わせてしなやかに動くのでソフトなテイル(尻尾)を持つということでソフテイルという名前がつけられました。

当時はフレームがサスペンション代わりになっていたのですが、ハーレーはさらに高速での走行性能を高めるためにサスペンションを使いました。基本の装備として、内臓サスペンションのソフトフレーム、ワイドなリアタイヤ、長距離を走るためのバランサー付き1548ccエンジンが搭載されています。

ハーレーらしい走りが感じられるだけではなく、カスタム性が高いのでいじって楽しめるモデルとしての人気も高いです。ハーレーの中ではカスタムのベース車両としての人気が高く、様々なスタイルに改造されています。ノーマル状態はシンプルな見た目をしていますが、そのおかげでカスタムが楽しめます。

従来からのファンも多く、バイク業界が苦戦している中でも日々進化しているモデルです。